1歳のイヤイヤ期! 2歳からじゃなかったの?  私の心を救ってくれた本。そこから学んだ対応法

雑誌ひよこクラブ

イヤイヤ期って2歳くらいからかと思っていました……

そう思い込んでいる自体、子供の成長を型にはめて考えている証拠なのかもな~😤
その思い込みから少しズレただけで、アタフタする私

1歳になり、少しずつ意思疎通ができ、こちらの言葉にもカワイイ反応もしてくれたり、甘えてくれたり、
大変だけど、1歳代ってすんごーいカワイイんじゃないか!と思っていた矢先、

突然始まった、首振りブンブン、イヤイヤ、ひっくり返っての大泣きの連続。

おやなんだこれ❓

相変わらず声の大きいムスコが、外で泣き出すものなら、皆様の視線集中。
電車に乗ったり、お店に入るのが、ちょっと怖くなってきてしまいました。

これはイヤイヤ期⁉
ムスコの性格⁉
何が気に入らない⁉
私が何か間違っている…⁉

とぐるぐる考え始めて、負のループ状態😭

そこで出会った本『12才のひよこクラブ』でなるほど納得!

「イヤイヤ期=2歳」って、いったい私はどこで刷り込んだ情報だったのでしょう。

これらを読んだら「あ、みんなそうなのね」と少し安心してしまいました。

そして、ちゃんとムスコが成長している証拠。
もっと大らかな気持ちで、しっかり子供の気持ちを受け止めていくべきなのですね💪🏼

12才のひよこクラブ 2018年冬春号』

特集が女の子・男の子””子供の個性に合わせればイヤイヤ期は9割ラクになる」でした。

「教えて教えて~」とすがるような思いで、購入‼

特集は、以下の3つのパートに分かれていました。

PART1イヤイヤ期を経験して、子どもはグンと成長します!
PART2イヤイヤ期がラクになる子どもとのかかわり方
PART3アンガーマネジメントでイライラしない親になる!!

「ひよこクラブ」さん、ありがとう…😭 全て私が知りたかった内容です~

1歳代のイヤイヤ期も「プレイヤイヤ期」として詳しく紹介してくれていました。
男の子、女の子、年齢、その子の個性によってイヤイヤのタイプも違うし、その対応も変わってくるそうです。

大人で考えたら当たり前ですね「はぁ、私ってこんなにマニュアル人間だったんだ~」とため息をつきながら、ものすごい熟読してしまいました。

1歳男の子のイヤイヤ期、その対応方法

たくさんの対応方法が載っており、色々試してみましたが、ムスコに効いたのはこれでした。

子どもの気持ちに共感する

「イヤだったよね~」「悲しいよね~悔しいよね~」と言ってギュッと抱きしめる‼

ダメなものはダメと言わなきゃ、ここで根負けしたら甘やかし⁉とイヤイヤのムスコに、自問自答しながら関わってしまっていて、共感することに、あまり意識がありませんでした。

が、上記の言葉はムスコにとって「分かってもらえた~」という安心ワードだったようで、ヒックヒックしながら、「そうなのよ、悲しかったのよ」みたいな顔して、落ち着くことが増えました。

私だって、怒られるより共感されたいもんなぁ〜一緒だよな~😣

ムスコはまだ伝えられる言葉を習得していないんだもの、伝えられないもどかしさに、イヤイヤして当然ですね。

時々ギュッとやろうとすると「やめろよ~」と言わんばかりに、手で押し返されることもありますが
私もしばらくはめげずに続けていきます💪🏼

しかるは短く、褒めるを長~く

「これはダメ」「イタイイタイだからイケナイよ」とパシっと言って、別のことに興味をそらせ、
ダメなことを止められたら、拍手して「できたね~えらいね~」と大げさすぎるくらいに褒めちぎる😍

やっぱり褒められると気持ちがイイんですよね。自尊心がくすぐられるのですね⭐

なるべく褒める行動、時間が増えるよう、こちらがコントロールしていったら、
やってイイこと、ダメなことの分別がついてきたような気がします。

こちらの行動を試すように、わざとダメなことをやることも出てきましたが(それはそれでカワイイ時もあるけど…😳)、
そこは繰り返し、短く「ダメだよ!こうしようね~」と伝えるようにしています。

「まだできない」と思わない。伝わると信じる。

つい最近までねんねばかりの赤ちゃんだったから、ついつい「まだ分からないからしょうがない」と思いがちじゃないですか⁉

例えば、おもちゃを床に叩きつけて、音を楽しむ我がムスコ。

くぅ~床が傷つくから、せめてマットの上でやってくれ…💦

でも音を出して楽しむ行為自体は悪いことじゃないし、床を傷つけたくないのは私の事情だし
そんな事情分からないだろうし。うぅ~😭

叱るべきか、見守るべきか、悩みました。

が、私の事情は我が家の事情‼ 我が家の事情はムスコの事情‼
我が家に生まれた以上は、ずっと我が家のルールに従って生きていかなくてはならないのです。

だから、いつか伝わる、理解できると信じて、
「ここでは、おもちゃポンポンだめよ、傷がつくからね。やるならこっちでポンポンよ」
と伝え続けてみました🙋🏼

すると、床で小さめにポンポンやって私の顔をチラ見、
「ダメよ」と言うと、マットの上でポンポンするではありませんか‼

「あぁ~分かっているんだ~」と私も嬉しくなりました✨

子供は気持ちを言葉にできないだけで、もういろんなことが分かるんですね。

一度で理解できなくとも、伝わると信じて伝え続けていきたいと思います👍🏼

時間に余裕を持つ。自分の時間軸の15分前行動!

1時間に数本しか走っていないバスに乗ることもしばしばあり、1本逃すと待ちぼうけ~💦待ちぼうけの間にグズグズ

だからこそあのバスに乗りたい🚎

そんな急いでいる時に限ってイヤイヤ、モタモタ
そして私がイライラ、ムスコがさらなるイヤイヤ😭

保育園に通われていたりしたら、時間に追われることだらけですよね。

「時間に余裕を持つ」と心がけてはいますが、ここでだいたいの基準を自分でつくりました。

一人の場合の時間軸の15分前行動を意識しています。
(一人だったら8時に家を出れば間に合う場合、745分に家を出ます。)

だんだん周りへの興味が出始めているので、15分が20分、さらには30分と延びていきそうな予感ですが、今現在は、この15分前行動の意識で、心にゆとりを持つことができ、ムスコのイヤイヤの原因(=私の焦り)を減らすことができています。

この通りにはいかないのが育児!でも知っておくと、救われる!楽しめる!

とはいえ、この通りにいかないこともしばしば。

でも、少し知っておくだけで、「こんなもんか」と私自身が身構えずに、育児を少し楽しめるようになったのは確かです😊

きっとイヤイヤ期がない子もいれば、イヤイヤのタイプもそれぞれ、
親も「イヤイヤ期」として特別視しない人、私のように突然始まったイヤイヤにとまどいまくる人、
もう親子の数だけ、それぞれの個性があるし関係性があるんですよね。

「イヤイヤ期」をドーンと構えていられるためにも、
先輩ママのお話や、テレビや雑誌の情報を頭の片隅に入れておくことは、とっても有効だと思います🎵

「根負けして言いなりになっていないか?これは甘やかしじゃないか?」

と常に心中ブレっブレっの私ですが、
引き続き自問自答しながら、始まったばかりの「イヤイヤ期」を乗り越えたいと思います😎










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください