育児疲れ、不安、孤独…そんな心が楽になるオススメ育児本

キコ
みなさんは、育児本って読んでますか?

「子供は、育児本通りになんて育たないよ~」と聞いていたので、あまり読まないようにはしていたものの…

読んで救われる育児本があることも知りました🤩

この記事では、私が以下のような状況の時に読み、とても心が楽になった本をご紹介します!

 

こんな時に読みました!

子供の泣きがひどくて、周りと比べまくっていた時

出産前の生活との違いに、なかなかなじめなかった時

子育ての毎日が単調に感じて「私このままで良いのか?」と思った時

なんだかよく分からないけど、とにかく不安だった時

 

具体的な悩みに対するアドバイスも載っている本もありますが、どちらかというと、

「頑張っているね!大丈夫だよ~!!!」

と、悩める心にそっと寄り添ってくれる育児本に近いです。

 

今でも「あぁ、なんかうまくいかないこれでいいのかな?!」と感じる時に、開いています。

その時によって、グッとくる言葉が違ったり

私も変化しているのですね~。

さて、早速ご紹介!!

 

1.『マメ先生が伝える幸せ子育てのコツ』大豆生田啓友

副題が「今がつらいママたちへ」という本。

心待ちにしていた子供のいる生活、

それなのに、これを読むと「今がつらい」と認めてしまい、自分を否定してしまうようで、なんとなく手に取りづらかったのですが

そんなことに言ってないで、さっさと読めばよかった!!

子供よりも、子育てしている親に、やさしく寄り添ってくれる感覚のある本です。

 

著者の大豆生田(おおまめうだ)さん、幼稚園の先生をされていたこともある、幼児教育の専門家なのですが、

子供の頃の挫折エピソードや、ご自身の子育て体験に驚かされます。

「そうだよな紆余曲折あったから、きっとこんなに人に寄り添えるんだよな

あぁ、私もこんな風に悩んだりしててイイのかも

よし!迷い、悩みながら子育てしていこう!」と思えました。

寝かしつけ、食事、遊び方など、具体的な子育てアドバイスも、載っています!

 

 

2. 『子育てを元気にすることば』大豆生田啓友

上記の本と同じく、大豆生田さんの著書。

大豆生田さんが、これまで読んだ本の中から元気になれる「ことば」集めたもの。

それぞれの「ことば」にまつわるエピソードや想いも、綴られています。

1見開きで1つの「ことば」が載っているので、最初から順を追って読まなくても、パラパラとめくりながら、その時の気分に合った、グッとくる言葉を見つけることもできます。

 

ついつい効率や合理性を求めて、子供のゆっくーりな時間に付き合い切れない私なのですが、

そのゆっくーりの時間やこだわりの中に、ギッシリ詰まった大切な意味を、改めて感じることができました。

 

多くの本から、ステキな言葉が引用されているので、「たくさんの本を読めちゃった!」ようなオトク感もあったり、気になった「ことば」の引用元の本を読んでみようと思ったり。

単調な毎日から、世界を広げてくれるような本です。

 

ちなみに、表紙のイラストは『ぼうしとったら』や『やさいさん』などの絵本でおなじみのtupera tuperaさんのもの。

これまた、世界が広がった気分です🎵

 

3. 『おひさまのようなママでいて』大日向雅美

著者の大日向さんが、テレビ番組で、

「迷ったり揺れたりすることは、すてきなこと。

恐れずに、揺れることを楽しみましょう。」

と、とっても優しい語り口でおっしゃっていました。

これを聞いて、衝撃😭

「ブレない子育て=良いこと!」のように、どこかで思っていた自分に気が付きました。

 

いやいや、そうですよね。自分も揺れるし、子供も揺れる。

揺れることは、悪いことじゃないのか~!!!

そう思えたことで、少し心が晴れたような気がして、大日向さんの本を手に取りました。

まさに、子育てに揺れる心をあたたかく包んでくれる本!

トイレトレーニングなど、具体的な育児アドバイスも載っていますよ☝

 

4. 『ママの涙』くわばたりえ

1〜3では、専門家の先生が「大丈夫だよ~」と、優しく寄り添ってくれるような本を紹介してきましたが、

こちらの本は、子育て真っ最中という、同じ目線で「辛いよねそうだよね」と語りかけてくれるような本です。

 

日常の悩みや出来事をせきららに綴っている、くわばたりえさんのブログは、産後ちょくちょく拝見しています。

芸能人の生活は特別だと思い込みがちですが、同じようなことで悩み、喜び、まっすぐな思いを綴られている、くわばたさんの言葉には、とって〜も励まされます。

 

【番外編】Eテレ『すくすく子育て』もオススメ!

数ある育児本の中で、なぜ私がこれらの本を選んだのか…?!

それは『すくすく子育て』(Eテレ)という番組が、好きだから!

ご紹介した本の著者は、この番組に出演されているのです。

この専門家の先生方が、とってもヤサシィィ〜😂

 

この番組は、赤ちゃんの泣き、食事、オムツはずれ、生活リズムなどなど、

出産してぶち当たる悩みに、優しく応えてくれます。

 

出産前は、テレビのザッピング中、この番組が映った時は、すぐにすっとばした気がするのですが…

今は毎回録画して、熱心に見ております😎

 

【まとめ】育児指南だけが、育児本じゃない!

本に救われ、心は少し軽くなったけど、現実に帰ると、やっぱりツライ…😭

もちろん、そういう時だってあります、ありますよ〜!

 

でも、自分と同じように悩んできた人が存在していて、さらにそういった人が、今悩める人に寄り添って、メッセージを送ってくれている…

それだけで、少し心強くなったりするもんです💪

 

「育児って、ホントに思い通りにいかない…」

だからこそ、さらに自分を追い込めるのではないかと思って、読まないようにしていた育児本でしたが、

育児指南だけでなく、大変な気持ちに寄り添ってくれる育児本も、たくさんありました‼

 

せっかく子育てするのだから、色々な子育て本を読んで、色々な子育てを知り、自分の選択肢を増やしていけたらイイですよね🎵










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください