≫ おこもり主婦を楽しめるようになるまで

【おこもり主婦】キコの自己紹介

キコ

はじめまして!当ブログを管理している【おこもり主婦】のキコと申します。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます!

私、
主婦ですが…
育児中ですが……

基本的に、引きこもってます!

キコ

ワタシは、励まし役のカメサンです〜!

「引きこもり」というと、ネガティブなイメージを持ちがちですが…
しんどいならイイんじゃない?焦らずのんびりいこう〜」というスタンスで、見守っています。

私(キコ)について

現在、夫と4歳(年少)の息子と、初めての育児にてんやわんやしながら暮らしている、アラフォー主婦です。

私がおこもり主婦になるまで

出産前は、朝から深夜まで働いているような状態の毎日でした。

終電やタクシーで帰宅し「家=寝るところ」という感じで、「引きこもり」とは無縁の生活。

そういった激務と育児・家事を両立するのは絶対無理!と妊娠を機に退職。

私がおこもり主婦になるきっかけは、まさに「出産」でした。

とはいえ、出産前に想像していた育児生活は…

ママ友とカフェでお茶
公園で毎日のんびりお散歩
親子で参加できる講座に積極的に参加
保育園に預けられたら、無理なく働く、もしくは、子供をみながら在宅ワーク

というような、毎日幸せ溢れる生活…♡

キコ

え?! 全部できないんですけどーーーー!!

「育児ってこんなに大変なの?皆そうなの?」

「私は子供を育てる覚悟ができてなかった?!」

「この先、責任持って子育てしていけるの?!」

息子を前に、不安でいっぱい…
早々に自信をなくしてしまいました。

そして、とても敏感&繊細な息子の赤ちゃん時代といえば…

子育て支援センター、ベビーヨガなどの親子講座、どこへ行っても大泣き。抱っこしてあやすので時間が過ぎ去る。たいていスタッフの方に慰められて帰宅。周囲のママさんと話す余裕はなし。

公園に行っても、すぐに帰りたがる。

わずかにできた同じマンションのママ友と遊ぶことになっても、子供が泣き通し、それがおさまるのに時間がかかり、何も話せず先に帰ってもらうことになるのが日常茶飯事。誘うのも、誘われるのも、お互い気をつかう。

キコ

結果、私もすごーーく疲れる。外出するのがおっくうに。

このあたりから、徐々に家にこもりがちになることに…

それでも子供と家にいては時間を持て余すので、家の周りを散歩したり、いつ泣いても気にならないよう、人気のない公園に行って時間を過ごすことが増えました。

もともと「働きたい!」「自分の収入が少しでも欲しい」と思っていたけれど、私の住んでいる地域は保育園激戦区。

「働いていない状態で保育園に入園するのは、相当難しい」とのこと…

ならばと、無理のない範囲で、在宅ワークにチャレンジしてみることにしました!

キコ

最初は泣くだろうけど、保育園の一時保育で、週に2回、数時間くらいなら、慣れてくれるかな…?

と利用を始めてみるものの、その思いは「早く働きたい」自分を鼓舞するだけのものだと実感することに…

泣きじゃくる息子を見て
「そのうち慣れますよ〜」
と当初言ってくれていた保育士さんも、

「今日もずっと泣き通しでした…本当はもうちょっと家にいれたらねぇ」
とお手上げ的な発言が見られるように。

もともと息子が持っていた便秘がだんだんひどくなってきたこともあり…

キコ

一時保育、断念!

その後は「子供が寝ている間」と「夫の休日」を使って、在宅ワークを続けました。

それから2年ほど経ち、ついに息子が幼稚園入園。

自由に使える時間が増えて、外に出られる!
もっと働くぞー!
ママ友増やすぞー!

と思っていたんですが…
結局、おこもり生活しています。

カメサン

え…なんで?

外へ羽ばたく予定の私だったはずですが…

自由に使えるお金があまりないのに、ランチ・お茶、買い物など、心置きなくできない

ママ友と話していても、子供への評価を聞くのが、なぜかとてもしんどい(たとえ良い評価であっても…)

さらに相手のお子さまを褒めようと、必死で言葉を紡ごうとしている自分がイヤ

つまり…
「もっと自由に使えるお金が欲しい!」
「周囲と比較する自分がイヤ!」
「ママ友の情報で焦る!そのことでちゃんと息子の本質を見られない」
という気持ちが、常に私の心のどこかにあることに気づきました。

そこで…

家にいても、︎家計を助けられるくらいの収入を自分で得られるようになる!

「よそ様はよそ様、我が家は我が家」と言い切れるくらい、自分の内面を見つめて、自信をつける!

と決心したのです!

キコ

よって、
おこもり生活、継続〜!!
ということに、あいなりました〜!

でも、未だに周りのママ友がランチをしたり、子供が新しい習い事を始めたりしている姿が目に入ると、まぶしい〜〜と思ってヤキモキすることもあります。

私の場合、そういった姿に並ぼうとすると、どんどん自分の心の声から離れていくことの繰り返し。

再び自分のおこもり生活に戻ってきている感じです。

こういった経緯で、
私は「おこもり主婦」を邁進することを決めたのです!

おこもり主婦の私の日常

おこもり生活を邁進している私は、こんな日常を送っています。

外出は、ほぼ息子の幼稚園の園バスまでの送り迎えのみ(あまりに運動不足のため、最近お迎え前にちょこっと散歩するように)

ママ友とのお付き合いは最低限

平日はラジオを聴きながら、在宅ワーク

食材の買い物は、8割が宅配

なにげに、お金持ちを目指して、お金の勉強中

社会の流れを知るために、読書するように心がけています

休日は公園行ったり、それなりに外出をば…

心がけているのは、

周囲や過去と比べて、無駄にイヤな気持ちになる自分を封印!
家にいても稼ぐ力をつける!
おこもり生活を最大限楽しむ〜

ということを念頭に、
自分の内面をしっかり見つめて、高める時!」と信じて、おこもり生活しています!

このサイト【カメサンイクジ】について

このサイト【カメサンイクジ】では、
いろいろな理由から「本当は家にこもりたい!」という気持ちになっている方に、「引きこもる」罪悪感から解放されて、好きなだけおこもり生活をし、自分の内面を見つめて、自分を大切に生きていくための情報を発信していきます。

そのために、

自分で稼ぐ
家で楽しむ
世の中の流れを知る
ひそかにお金持ちを目指す

ことを目指している管理人のキコが、皆さんに役立つ情報をご紹介していきます。

キコ

今、無理をするよりも、じっく〜りこもって自分を見つめ、スキルを高めていくことで、1年後、5年後、10年後、自信を持って生きられるようになると思っています。

これからも「カメサンイクジ」をどうぞよろしくお願いいたします!

SNSもやっています

フォロー、コメント、大歓迎です♡

Twitter

@kamesanikuji
➡︎ おこもりの日常、家での楽しみ、幼稚園児の育児についてつぶやいています。

Instagram

@kamesanikuji
➡︎ おこもり生活の中での読書、オススメおこもりグッズについて発信しています。