≫ おこもり主婦を楽しめるようになるまで

専業主婦の私が、育児中に在宅ワーカーを目指した理由

パソコン

専業主婦の私が『在宅ワーカー』を目指した理由

私は妊娠を機に勤めていた会社を退職したため、約2年程、専業主婦をしていました。

その間に出産!
慣れない育児!

今も全然慣れてなーい!!

そしてだんだんと、こう感じるようにもなってきました。

自分で稼いだお金がない」という状態が居心地悪い
 育児という大役を日々こなしているものの、何も生み出していない感覚がある

でもやっぱり、
「子供がもう少し大きくなるまで、このまま育児と家事に専念すべきかな?」
とも思ったり、

はたまた
「待機児童問題にも立ち向かい、思い切って就職活動してみようかな?」
とも思ったり…

日々悶々と悩んでいました…

そして、そんな自分の気持ちをじっくり掘り下げてみると…

1歳の息子を育児しながら、保活をして、就活して、週5日働き始めるのは、体力的に自信がない

息子との時間も、たっぷり確保したい

週2〜3日働く時間が設けられたら、自分の中で育児とのバランスもとれるかも

さらに、家で働けたらベスト!

キコ

わがままーーー!!

でも、これが本当の気持ち…

「こんなの本当に実現できるの?
いや、できるように進めてみよう!!」

とまずは自分を奮い立たせることにしました!

こう考えてみると、私の理想の働くスタイルが『在宅ワーク』であることに気付きました。

そして、この理想のワークスタイルを実現するために、解決しなければならない大きな課題は2つ。

在宅ワークの仕事はどうやって見つける?
子供を預ける場所はどうする?

この2大課題、私は以下のように対応していきました。

在宅ワークは、どうやって仕事を見つけた?

① 在宅ワークの見つけ方

『在宅ワーク』を始めるにあたって「何を仕事にするか」は、超重要!

でも『在宅ワーク』の仕事なんて、どうやって探したらいいの?

そんな私の状況にピッタリのサイトが『ママワークス』でした。

「働く『時間』と『場所』を自由に選べる全国のママさんを応援する求人サイト」です。(パパさんでももちろんOKです)

関連記事

具体的な仕事の探し方は、こちらの記事で紹介しています↓
ママワークスの始め方・登録方法【初心者でも在宅ワーカーに!】

私は、ママワークスで見つけた気になるお仕事に数社応募しました。

「ご縁がなく…」というお返事のものもありましたが…
ありがたく、お仕事させていただける会社を見つけました〜!

求人を出している会社も、このサイトの利用者が、子育て中のパパママが多いことが前提なので、理解は得られやすいと思いますし、スポット的に働けるような内容のお仕事がとても多いです。

②『在宅ワーク』の選択肢はたくさん!

私はこうして『業務委託』という形の、在宅の仕事を、無事に見つけることができました。

が、実は「仕事をもらう」ではなく「自分のスキルを売る」という『在宅ワーク』のやり方もあります。

例えば…

ハンドメイドが得意なら、『minne』で作品を売る

デザイン・語学・似顔絵描き・占いなどなど、自分のスキルを『ココナラ』で売る
(悩み相談を受けるなんていうのもありますよ〜)

趣味や特技を生かして、教室を開く

そう、『勤めに出る』だけが『働く』ではないのです!

子供を預ける場所はどうした?

『在宅ワーク』を始めるにあたり、当初はこんなイメージも持っていました。

子供の面倒をみながら、ちょこっとお仕事
子供が寝ている間に、がっちりお仕事

でも、子供が大きくなるにつれて、こう思いました。

キコ

子供をみながら仕事なんて、絶対無理無理無理!!!

いや、仕事内容、お子さんの性格、ご自分の工夫次第では、不可能ではないカモしれません。

でも、我が家の場合は、
日中ちょこっとパソコンを開こうものなら
「なーにやってんの?!あ、ボタン押したーい!」
と言わんばかりに息子くんが、ニコニコやってきます。

やはり、集中して確実に仕事をできる、まとまった時間が欲しいと思い、週に数日でも預ける先を確保すべく、動き出すことにしました。

私の場合は、その候補に出たのが以下の3つです。

実家
休日の夫
保育園の一時保育

① 実家

自宅から実家の距離は、片道1時間弱ではありますが、ありがたいことに、実家に頼れる状況ではありました。

なので、実母に息子を見てもらいながら、私は別の部屋でお仕事…ということにチャレンジ!

息子がぐずったり、騒いだりすると、申し訳なくなって気になったりはしましたが、これはこれではかどります。

キコ

ただ、今まさに世間でよく言う、孫疲れ…が目に見えてしまうことも…

◇ 追記 ◇
その後、週に1回程のペースで通っていましたが、実母の病気をきっかけに、実家の両親にみてもらうのも断念しました…!

② 休日の夫

夫の休日を、全て私の仕事の時間に費やしてしまうと…

家族の時間がなくなる!

そして夫の休まる時がない

という状況に陥ります。

紆余曲折を経て、
「土曜の●時〜●時の3時間だけはお願い!」という形で、あらかじめ時間設定することで、時間をつくるようになりました。

③ 保育園の一時預かり

私の住んでいる地域は、保育園激選区。

正社員でもない私が、保育園に申請しても、入園できる状況ではありませんでした。

そこで頼ったのが、認可保育園の一時預かり(一時保育)です。

住んでいる地域の自治体によっても料金や制度は違いますが、
週3日以内の就労
病気や冠婚葬祭
リフレッシュ目的
などで、保育園で子どもを預かってくれる制度です。

キコ

これを定期的に利用できるとありがたい…!
そして毎日ではないのも理想…!

そう思い、早速登録し、利用開始しました!

もともと息子が敏感&繊細な性格もあり、本当に慣れてくれるのか心配していましたが、

泣きじゃくる息子を見て
「そのうち慣れますよ〜」
と当初言ってくれていた保育士さんも、

「今日もずっと泣き通しでした…本当はもうちょっと家にいれたらねぇ」
とお手上げ的な発言が見られるように。

もともと息子が持っていた便秘がだんだんひどくなってきたこともあり…

キコ

一時預かりの利用、断念!

結果的に、子供が寝ている間」と「夫の休日」を使って、在宅ワークを続けました!!

カメサン

自分や家族の状況に合わせて、環境を整えていったってことだね!

【まとめ】やりたいと思った時がやるべき時!

「本当にできるかな…?」と不安を抱えながら始めた「在宅ワーク」。

私の場合、あまり環境も整っていないまま、スタートさせてしまいました。

「時間をつくる」ことに四苦八苦したことも多々あります。

ですが、結果的に「やりたい!」と思った時に、スピードダッシュしたことを、今では「とてもよかったな〜」と感じています。

「やってみようかな?」と思い立った気持ち、その気持ちに沿った行動は、人生で決して無駄になることではないと思います!