赤ちゃん連れの物件探しのコツ。心構え4ヶ条!

赤い車




キコ
こんにちは!キコです。

我が家は、ムスコが生後6ヶ月頃に物件探しを始め、約4ヶ月間、物件探しに翻弄する毎日を送りました。

はっきり言って、大変でした…
赤ちゃん連れの物件探し💦

大人しい赤ちゃん、車慣れしている赤ちゃん、あまりグズらない赤ちゃん、
赤ちゃんの性格によっては、問題なくスムーズに行動できると思います😊

我がムスコは、上記の正反対の性格でしたので……
今、振り返っても「あぁ、頑張ったな〜」と思うばかり。

その大変さを少しでもやわらげるべく、やっておくべき準備、心構えをまとめました‼

 

1. チャイルドシート完備の車がある不動産屋さんがありがたい!

不動産屋さんの車で物件めぐりをする場合、
事前に子連れであることをお伝えし、チャイルドシートの用意があるか、聞いておきましょう‼

というのも、私たちが最初にお願いした不動産屋さんの車にはチャイルドシートがありませんでした。
一番最初の内見日、ドキドキワクワクしながら不動産屋さんへ。
担当者さんに物件の希望条件等々をお話し、いざ出発!という時に、
「もしかしてお子さまはチャイルドシート必要ですよね?! ウチ用意がないんですよ~」という事実が発覚😱

当初、子連れの物件探しがこんなに大変だと思っていなかったので、
「全然いいんです~電車と徒歩で行きますから~」なんてヘラヘラ言っていました。

が、暑い暑い夏空の下、ベビーカーで坂を上り下りし、2件内見したら、もうクタクタ💦
このペースで、この疲労度、ちょっと体力持たないカモ

そんな経緯で、私たちはチャイルドシートの用意がある不動産屋さんに、鞍替えすることになるのでした😂

自家用車で移動できるとラクですが、不動産屋さんと一緒に移動すると、住みたい街のこと、間取りのこと、かかるお金のこと、車内で色々なお話を聞くこともできるので、オススメです✨

「普通に子供を抱っこして、まわったよ〜」と言っている私の友人もいるので、色々な不動産屋さんがいるのだと思いますが、やはり安全と法は守りましょう‼

 

2. 内見する日は、休憩を入れて、疲れすぎない。授乳場所もチェック!

一日にじっくり何件も内見ができる頃とは違い、子連れの内見は、親子共々疲れやすいです。

疲れてくると、子供もグズりやすくなりますし、自分たちも焦って、大事な部分も見落としがち。
「もうここでイイや…」なんて、どこかで妥協してしまう可能性だってあります💦

子育てする住まいは、とっても重要‼
簡単に妥協してはいけません🧐

内見は、欲張りすぎず、休憩を入れて、親子共々疲れすぎないようにしましょう‼

私たちがお世話になった不動産屋の担当者さんは、とっても気のまわる誠実な方でした。
この担当者さんが「休憩入れましょうか?」とまぁ~休憩に対する気配りがスゴイこと😲
最初は「子供がグズらないうちに一気に見ちゃいたい」と思っていたのですが、この担当者さんの気配りに少しこたえておいた方がイイかなくらいの気持ちで、お昼休憩やトイレ休憩を入れさせてもらったりしていました。

が、これが結果的に自分たちが疲れすぎず、さらに子供のグズりを最小限に抑えるために重要だった気がします。(アリガトウ…😭休憩のお気遣い😭)

ムスコもまだまだ絶賛授乳時期だったので、この休憩時間の授乳はマスト。
事前に授乳スペースのあるスーパーなどをチェックしておくと良いです👍🏻

 

3. キッズスペースのある不動産屋さんが、なおよし!

「物件探し=内見」と想像しがちですが、不動産屋の店舗で、じっくり打ち合わせする機会も多いです。
希望条件を洗い出したり、物件情報を検索してもらったり、今後の資金計画をしたり…

景色が変わる車内や内見時に大人しくしていても、じっと座っているのは苦手な子供も多いかもしれません。

そんな時にありがたいのが、キッズスペースです‼
少しでもおもちゃがあったり、DVDが観られたりするスペースがあるだけで、全然違います。

私たちがお世話になった不動産屋さんのキッズスペースは、すごーく簡易的だったけど、、使わない時はマットくるくるまるめて隅っこに追いやられてたけど、、、そのオンボロマットがありがたかったのです🤩
動きたい盛りのムスコは、マットの上でハイハイさせてもらったり、いただいた粗品のウチワをおもちゃにしたりで、なんとかその時間をやり過ごすことができました。

 

4. 引越しまでのスケジュールには余裕を持って!

物件情報をネットやチラシなどで見ていると、「これくらいの広さで十分だよね~駅も近いし、この物件良さそう!」と思いがち。
ですが、実際に内見すると「案外狭い!」「駅からの道、ちょっと寂しいね」「この部屋、暗いから結局物置になりそう!」など、「見ておいて良かった~」なことが結構あって、最初の希望条件が変わってくることがあります。
さらに、子育てする住まいとなると、こだわりも出てきやすい‼

そうしているうちに、全ての条件に合う物件なんてないことにも気付いたり、「何を優先したらいいの~」と迷宮入りすることも
その迷宮から脱する時間的猶予も含めて、引越しまでのスケジュールには余裕を持つべきです☕

また、自分たちの目を肥やすためにも、ある程度内見は数を重ねた方がイイ🔎(不動産屋さんには申し訳ないですが…)
それが、住んでみても納得する物件につながるのです。

遠方への引越しなど、一日で物件を決めなくてはならない場合は、まず近場で希望条件に似たような物件を内見し、広さや間取り、周辺環境などの希望を肌感覚でつかんでおくことが、後悔しない物件探しに必須です‼

 

【まとめ】スケジュール、気持ち、体力に極力余裕を持って!

赤ちゃん連れの物件探しのコツ4ヶ条

1. チャイルドシート完備の車がある不動産屋さんがありがたい!

2. 休憩を入れて、疲れすぎない。授乳や食事できる場所もチェックすべし!

3. キッズスペースのある不動産屋さんが、なおよし!

4. 引越しまでのスケジュールには余裕を持って!

この記事では、私が経験した赤ちゃん連れの物件探しで感じた、大変さを少しでもやわらげるコツについて、まとめました。

結局、約4ヶ月間かかった、我が家の物件探し。
最終的に、当初希望していた地域から離れている物件に決めることになったりと、条件の優先順位を決めるのに四苦八苦。
不動産屋さんから「普通はそろそろ決まるんですけどね~」と言われるなど、、、まぁ色々なことがありましたが、時間をかけて、自分たちでも気付いていなかった「住みたい家」に対する思いを取捨選択していった感じです。

赤ちゃん連れの物件探しは思った以上に大変‼
けれど、きっときっとこれも良い思い出になるでしょう🤩

カメサン
皆さまも、良き物件が見つかりますように…‼









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください