≫ 子育てdeスキルアップのススメ

マンション・アパートの子供の騒音対策とは?

ヘッドホン

マンションやアパートで子育てしている皆さま、
『騒音問題』気になりませんか??

子供の足音、大声・泣き声・叫び声……
それは、元気の証拠‼
と言いたいところですが、現実的にそう言い切るのは難しい…

ご近所さんとトラブルになれば、毎日の生活にも支障が出てきます。

「なるべく家にいないように努力している」なんて話もよく耳にします。

ご近所さんが音に敏感な方だったり、子供が苦手な方だったり、
「住んでみなければ分からない!」というのが、家探しの難しいところ。

ただでさえ大変な育児、せめて「音」に対する悩みはなくしたいですよね…

ならば、最大限の騒音対策はしておくべき‼

今回の記事では、私が実践している子供の騒音対策をご紹介します。

1. ジョイントマットや防音カーペットを敷く

まず最初は、ジョイントマット防音カーペット

定番ではありますが、効果は絶大!

フローリングだけでなく、クッションフロアや畳の上に敷いているご家庭も。
防音に加えて、キズや傷みの防止にもなります。

子供が遊ぶスペースにだけに敷くもよし‼
とにかく全ての床に敷くもよし‼

特にジョイントマットは、部屋の形状に合わせて簡単にカットできるので、我が家ではリビング全面に敷いています。

キコ
ただ、敷くスペースが広がるほど、マットの量が必要 = 費用もかさむんですよね〜

なので、大判リーズナブルな商品がオススメです!

⬆︎タンスのゲンなら、大判タイプや通常より厚めのマットなど、種類も豊富!

2. 防音カーテンを使う

「足音よりも、声の方が気になる!」という方には、防音カーテンが有効です。

学校の音楽室にあったような厚手のカーテンを、ついつい思い浮かべてしまいますが、レースの防音カーテンもありますよ。

キコ
息子は、生まれた時からとにかく声が大きく…
「あ、泣き始めた…」と思ったら、毎度毎度、窓とカーテンをそぉーっと閉める日々です。。。
【オススメSHOP】

サイズも種類も豊富で、リーズナブル!
びっくりカーテン

レースの防音カーテンなら!
防音・遮音レースカーテン「Sizuka lace シズカレース」

3. 低めの家具はおかない or 走り回れない家具配置

活発なお子さまの場合は、家の中でも走り回り、高いところからジャーンプ、が日常茶飯事ではないですか?

その度に、ヒヤヒヤ…お願いヤメテ〜〜〜〜〜!!

そういう場合は、問題の種を取り除いてしまいましょう‼

ソファを置くのをやめたり、逆にソファをドーンと置いて走り回れるスペースをなくしたり。

お子さまの行動に合わせて、家具で攻防するのです!

キコ
と言っても、子供は賢く、なんなく攻略し、新たな方法で遊びを見つけてくる…
それでも、必要のないものはなるべく置かないようにしています!
結果的に断捨離にもなり、部屋もだいぶスッキリしました!

4. ご近所さんに、きちんとご挨拶しておく

引越してきた時、出産した時、あらかじめご近所さんにご挨拶しておきましょう‼

ご近所さんのお顔が分かり、なおかつ、家族構成などが知れたりすると、安心できます。

会った時に「ご迷惑おかけしてないですかー?」といった感じで、お話できる関係性になっておくと、お互いにとって理想的ですよね。

もちろん、ご近所といえど、周囲と関わりを持ちたくないという方もいらっしゃいます。
それぞれのスタンスは尊重すべきですが、お互い知らない者同士で、音をめぐってモヤモヤを抱えるのは、トラブルが深刻になりがち。
どんどん思いだけが膨らんで、嫌がらせ行動につながることも…

「会った時には必ず挨拶する」など、あくまでも、こちらは常にオープンになっておけると良いです!

5. 毎日、伝え続ける

家の中のルールを決めて、日々伝え続けましょう‼

とはいえ、
言っても聞かない…
言うこと聞かないから、余計イライラする…
言い聞かせようとすればするほど、余計に音が大きくなる…

キコ
でも、諦めません〜!
伝え続けていたら、
音を出して良いところ(=重ねた布団の上など)、
×  NGの行動(=床での大ジャンプなど)
という、我が家のルールは理解し始めたようです。

素直なお子さまであれば、こんな苦労はせずとも………
諦めずに、伝え続けることが一番ですね‼

【まとめ】たかが音…されど音!平穏な毎日を送るために!

子供の騒音対策5選
1. ジョイントマットや防音カーペットを敷く
2. 防音カーテンを使う
3. 低めの家具はおかないor走り回れない家具配置
4. きちんとご近所さんにご挨拶しておく
5. 毎日言い聞かせる

以上、すぐにできるマンション・アパートの騒音対策をご紹介しました。

騒音は、一度気になりだすと、どんどん気になってしまうもの。
トラブルが深刻になる前に、できる対策はやっておきましょう‼

もし「これから引越し先を探す」という状況であれば、こちらの記事も、ぜひご覧ください。

>>マンションで子育て!後悔しないためにチェックすべき3ヶ条!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください