≫ おこもり主婦を楽しめるようになるまで

マンションで子育て、後悔しないための家選び、チェックすべき3ヶ条!

キコ

こんにちは!キコです。

マンションへの引っ越しをお考えのみなさま、
マンションでの子育て、不安ではないですか?

「騒音で苦情言われたらどうしよう…」

「近所付き合い、うまくできるかな?」

「家族が増えるかもしれないし、狭くないかな?」

キコ

我が家は、第子誕生後、中古マンションを購入し、引っ越しました。

引越しに至るまで、色々な物件を見てまわり、悩みに悩みました。

そして決めたのが「駅が近い」「スーパーが近い」など生活のしやすさ」を重視して決めた物件です。

ですが、それ以上に子育てのしやすさがすごく重要です!!

「子育てしやすさ」のポイントは、

仲間
居場所

この3点は、マンションで快適な子育てをする上で、とっっても重要!!

では、マンションで子育てするのに、後悔しないためのチェックすべき箇所を詳しく見ていきましょう!

 防音性が高いマンションを選ぶべし!

マンションでの子育てで、一番問題になりがちなのは、「騒音」です。

「音を全く漏らさず生活する」ことは、子供の有無に関係なく不可能ですが、極力予防しておきたいところ。
それが自分たちの平穏な生活につながります。

とはいえ、子供は予期せぬ行動だらけ。

椅子からダイブ!

お布団の上でピョンピョン!

突然の謎のケンケンパ!

キコ

実際に、こんな状況の友人がおります。

Case 1【3歳の男の子の育児中】

下の階の方から騒音のクレームがあったので、毎日家にいない時間を増やす努力をしている。
習い事→公園→ショッピングセンターが毎日の過ごし方。
ようやく幼稚園に入園したが、子供の転園を考えると、引越し先やタイミングにも悩んでいる。
子供がちょっと走るだけで、ドキドキハラハラするのは、精神的にしんどい

Case 2【2歳の男の子、0歳の女の子の育児中】

育休中で、上の男の子は昼間は保育園へ通っている。
そのため、上の子が家にいるのは、朝と夕方以降の時間のみ。
防音マットを敷くなど対策はしているが、度々クレームを受けてしまっている。
菓子折りを持って、その度にお詫びに行っているが、先日伺った際には、前回の菓子折りをそのまま返されてしまった。

キコ

下の階の方も辛さも伝わってきますし制御しきれない状況も辛い

私の周りのだけでも、こんな話が結構出てくるので、世の中に子供の騒音で悩んでおられる方はかなり多いのでしょう。

だからこそ、マンションでは「子供の音」に関して、最大限予防しておきたいところ!

では、実際に防音性が高いマンションは、どうやって選んだらイイのでしょう?

① マンションの構造をチェック!

一般的に、木造よりも、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)の方が、防音性は高いです。

マンションの多くはRC造、SRC造ですが、同じ構造でも、壁・天井・床の厚さは、まちまち。
厚ければ厚い方が、防音性は高まります。
二重床・二重天井になっていると、さらに安心です。

内見時には、壁を軽くたたいてみましょう。音が壁の向こう側に響いている感じがしたら、要注意です!

② 1階に住む

思い切って1階限定で、部屋を探すというのも、一つの手です。

下階への騒音の心配はなくなります。

物件によっては、専用庭がついていたりするので、小さな子供を育てるには好条件かもしれません。

日当たりが悪くなる場合もありますので、優先すべき条件とあわせて、内見時によくチェックしましょう!

子育て世帯が住んでいるマンションを選ぶべし!

ファミリータイプのマンションは、居住者層が似てくる場合が多いです。

その中でも、「高齢者が多い」「小さい子供は少ない」など、マンションの性格のようなものがあります。

同じ世代の子供がいる家庭が住んでいると、「おたがいさま」の雰囲気も漂いやすい!

普段から子供の声が聞こえる日常に住まいをおいていると、みんなで子育てする感覚になっていたりします。

たとえ名前を知らない間柄でも、子育てしている「仲間」が同じマンションにいるだけで、心強く感じるのです。

キコ

具体的にこんなメリットもあります。

「子供同士のトラブル、それにまつわるゴタゴタ解決騒動も含めて子育て。地域全体でみんなで子育てしていくぞ!」と腹をくくれると、絶対的にラクに心もラクになります。

スーパーより、公園・保育園・幼稚園が多い方がよし!

最後のポイントは「家の外に居場所があるか?」ということ。

まだ歩けないくらいの小さい子供は、遊び場所にも困ることも多く、周りに子育ての協力者がいないワンオペ育児は、孤独にもなりやすいです。

でも「親子の居場所がある」ことで、孤独感が軽くなります

公園・保育園・幼稚園は、

幼稚園や保育園は、園庭開放など地域の子育てに協力的だったりする
 保育士さんとつながれる場所があるだけで、安心できる
子供が動けるようになると、家以外のエネルギー発散の場が必要
 公園に通うと、ママ友(顔見知り)ができやすい

と、毎日通える、親子の居場所になりやすいのです。

逆に、私が重視していた「スーパーの近さ」が全く役に立たない時期も出てきます…

 結局お菓子をねだられたりして、体力消耗…
 ついつい予定外のものも買ってしまうので、節約しにくい
カートに乗らない、抱っこ要求…などが続くと、買い物自体が億劫に
今やネットスーパーや生協さんに頼りまくり!

子供の成長に伴って、保育園・幼稚園の近さは、たいして重要でない条件にはなるかもしれません。

ですが、公園・保育園・幼稚園に子供がいることは、地域が活気づきやすくなります
そういう地域は、お祭りなどもイベントごとも、たくさん開催されるでしょう。

「横のつながり(たとえ薄くても!)=親子でいられる場所があること」は、子育てのしやすさにつながります。

【まとめ】家族に合った「子育てしやすい家」を探そう!

この記事では、「子育てのしやすさ」という観点から、「マンションでの子育て、後悔しないための家選び」を紹介しました。

マンションでの子育てを後悔しないための家選び3ヶ条

防音性が高いマンションを選ぶべし!
子育て世帯が住んでいるマンションを選ぶべし!
スーパーより、公園・保育園・幼稚園が多い方がよし!

もちろん事情は様々なので、

「何より保育園が多い方がイイ!」

「医療費がかさみそうだから、子育て支援が手厚い街がイイ!」

「実家さえ近ければ、あとは何でもOK!」など、

「子育てのしやすさ」は、それぞれ。

ぜひ重視する条件をしっかり考え抜いた上で、お引越しを決行してください!

大げさなようですが、子育てする上で「住まい」はとても重要です!

カメサン

後悔しない物件が見つかりますように…!!

子供の騒音対策5選【マンション・アパート編】