引越して分かった!子育てしやすい街とは?

旗の立っている地球儀




キコ
こんにちは!キコです。

我が家はムスコが1歳になった頃に、引越しを経験しました🚚

今、実感するのは、子育てしやすい街のありがたさです‼

私たちが引越し先を決めるにあたっての必須条件は「夫の勤務地に通いやすい場所」ということ。
どちらかと言うと「家選び」に焦点をあてていました。
が、子育てするには「地域選び」も同じくらい重要です‼

住む地域によっては、子育てがイヤになることもあるカモ…😭
それくらい重要なんです‼

この記事では、「ここにして良かった!」「あぁ~ちょっと失敗!」と私が感じていることをまとめました。
引越し先の地域を、ぜひチェックしてみてください🔎

すべてが希望通りの地域は、なかなか難しいカモしれませんが「自分たちが何を優先させるのか」、あらかじめ家族で話し合えると良いかもしれませんね😊

 

1. 町内会は活発?

※ 子供やお年寄りが多いと、地域全体で育てられる!

出産前の私は、
町内会とか面倒だな~できれば入りたくない😱なんか会合とかトラブルも多そうなイメージ
家族円満でいられれば、核家族だろうが、子育てなんて余裕でしょ👍🏼
という考えの持ち主でした。

が、とんでもない!!

子供は、一人では絶対育てられない‼
関わってくれる人が、多ければ多いほど良い‼

 

私の引越し先は、お年寄りも子供も多く、偶然にも町内会も活発な地域でした✨

お散歩をすれば「あら〜何歳?」と声をかけてくれる方がいます。
皆が協力して、子供や高齢者のために、季節のイベントを一生懸命作り上げています☘

それが、子供だけではなく、親にとっても、とっても有難かった😭

なぜなら、
顔見知りが増える(顔は分かるが、名前を知らない人、たくさんいます)

孤独になりにくい!!

地域で子供を守ってくれている感じがする

 

子育てってどこか孤独…私も人とのつながりを私も求めていたようです〜😭

地域のつながりを面倒だなんて思っていた私ですが、今や「積極的に地域に関わっていこう!」とまで、思っちゃっております、オハズカシイ😳

『サザエさん』のように、地域の人がタラちゃんに話しかけてくれるような環境って、とっても理想ですね✨

新興住宅地には若い世代が多く、昔からある住宅地はお年寄りが多いことが一般的ですが、色々な世代の人が住んでいる地域は、子育てにはとてもオススメです‼

 

【調べ方】

ただ「町内会が活発か」「どんな世代の人が多いか」なんて、インターネットで調べてもなかなか分からないでしょうし、調べようがないんですよね😩

唯一の手といったら、掲示板を見たり、実際に歩いたりして、感じる‼

地域のイベント等は、このIT時代でも、まだほとんどが回覧板や掲示物でお知らせしていることがほとんどです。どんな世代が住んでいるかは、不動産屋さんに聞いてみても良いと思いますし、案外歩いてみると家の新旧や雰囲気で、分かることも多いです。

町内会と自治体が連携している場合も多いので、役所に出向いてみたり、話しかけやすそうな近所の人に思い切って聞いてみるのも良いかもしれませんね👍🏼

 

2. 公園や、子育て支援の場は充実してる?

※遊べる場所が徒歩圏内に多いと、親子共々飽きない!

子供は成長につれて、外遊びが必須です💦

そうすると、近所をお散歩するか、毎日同じ公園へ…

……私が飽きてくるんです😂

子供は想像力豊かに遊んでおられますが、私「あぁ〜昨日もココ来たな〜」と思ったりしちゃいます。

電車やバスに乗って遊びに行くとなると「オムツやおやつなどの荷物が増えるし…」と怠惰な考えがよぎり、「近場で遊びたい〜」と思う日が増えてきました。

そんな時、やっぱり徒歩圏内に公園や子育てサロンや地区センターなどの場が充実していると、日々楽しく過ごしやすい‼ ストレスが溜まりにくい‼

 

地図を見れば、周辺の公園の有無は分かります。子育て支援の場は、自治体のWebサイトに情報が出ていることも多いので、ぜひチェックしてみてください🎵

私は事前に役所に行ってみたら、すごーく丁寧に説明してもらい、たくさん情報を得られました😊

 

3. 食料品、生活用品をどこで揃えるかイメージできる?

妊娠中大きいお腹で…、子供を抱っこしながら…、子供と手をつなぎながら…、お菓子コーナーにダッシュする子供と戦いながら…と、子供の成長によって、買い物シーンも変わってきますよね。

身軽に買い物できた頃と違い、どのシーンもなかなか大変‼

けれど、必要な生活用品は増える‼

となると、近くにスーパーやドラッグストアなど、生活必需品を揃えられるお店が近くにあった方が断然便利です。

そういう私も、結局、今頼りまくっているのが、生協の宅配ネットスーパー✨
そして、Amazon楽天✨

ネットスーパーに関しては、配送エリアを事前にチェックしておきましょう。
私は、引越し前にチェックしていなかったのですが、ギリギリで配送エリアに入っていた〜〜〜😳

 

4. 毎日の生活をイメージして、行動範囲の交通手段をチェック!

買い物や公園、出勤や子どもの送り迎え、帰省など、毎日の行動範囲の交通手段は何ですか?

車をメインで利用する方と、公共交通機関をメインで利用する方によって、チェックすべき項目は変わりますが、周辺の道路状況をチェックしつつ、生活している様子をイメージしてください。

 

我が家の周りは坂道だらけです。
一人で身軽に歩くならまだしも、ベビーカーを押したり、抱っこしたりしながらの坂道は、思っていたよりキツイ
キツイのは子供が小さいうちだけ?! でもその坂道によって、外出がおっくうになってしまうと、家にこもりがちに😫
それでも子供はお構いなしに外で遊びたがります。その積み重ねでだんだん疲労がたまってイライラなーんてことも。

 

車を利用するのであれば、渋滞が起こりやすくないか、
自転車を利用するのであれば、走りやすい道はあるか、
徒歩がメインであれば、ベビーカーを押したり、子供と歩いても危険でないか、
などなど、毎日の生活をイメージして、周辺の道路状況をよくよくチェックしてください🔎

 

5. 子育てを助けてくれる人が近くにいると、なお良し!

子供や自分の体調不良などなど、いざという時、子育てを助けてくれる人が一人でもいると安心です‼

助けてくれる身内や友達がいる地域であれば良いですが、知り合いゼロの場合もありますよね😫

そんな時はまず、自治体を頼ってみましょう‼

保育園の一時預かりや、子育てヘルパーなど、その地域で利用できる情報を、きっと教えてくれます✨

私の友人は、そういった情報を役所に聞きに行った時、とても疲れて見えたようで、役所の人にマークされ(イイ意味で!)、その後も頻繁に連絡をくれたり、ママ向けイベントに招待してもらったようです😭

子育ては一人で抱えない‼ 助けを求めれば、助けてくれる人は必ずいると思います‼

 

【まとめ】住環境は、親にとっても重要!

子育てしやすい街とは?

1. 町内会は活発?

2. 公園や、子育て支援の場は充実してる?

3. 食料品、生活用品をどこで揃えるかイメージできる?


4. 毎日の生活をイメージして、行動範囲の交通手段をチェック!


5. 子育てを助けてくれる人が近くにいると、なお良し!

この記事では、引越しを経験して実感する「子育てのしやすい街」について、まとめました。

「どこに引っ越すのか?」は、子育てするのに、とっても重要課題です🔎
「子供にとって良い環境を」と最優先に考えがちですが、同じくらい、パパ•ママにとって住みやすい環境も、とても大切です⭐

カメサン
親の笑顔が子供の笑顔につながります😊

楽しい子育てができる地域を、労力をおしまず、ぜひ探してくださいね〜










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください