≫ 子育てdeスキルアップのススメ

そろそろヒップシート?抱っこ紐カバーでも代用できます!

抱っこされる赤ちゃん
キコ
ず〜っと抱っこやベビーカーに乗っていた赤ちゃんも、あっという間に歩けるようになりますよね〜!

その成長はとっても嬉しいですが、
抱っこしたり、おりて歩いたり…という動作が増えてくると、その上げ降ろしがなかなか大変…!
腕や腰にもくるし、翌日にも響きます……

カメサン
ベビーカーを嫌がる子も増えてくるので、大変な時期…

そんな時期の体の負担を軽減させてくれるのが、「ヒップシート」です。

そのヒップシートの代用として「抱っこ紐カバー」もオススメ!

どちらも、歩き出した子供とのお出かけやお散歩に、とっても便利!

この記事では、「ヒップシート」と「抱っこ紐カバー」のメリット・デメリットと、オススメの商品をご紹介します!

1. 抱っこの上げ下ろしが増えたら「ヒップシート」がおすすめ!

そもそも「ヒップシート」とは、座面がついている、お座り型抱っこ紐です。

「抱っこしたり、おろしたり…素手抱っこが多くなって、体がキツイ!」と感じている方に、とってもオススメ!
腕だけでなく、腰でも子供を支えられるので、素手抱っこの負担と比べると、雲泥の差です。

「ヒップシート」の中でも、 ウエストポーチのように腰に巻ける型/ 肩ひももついているショルダーバッグ型/ 抱っこ紐と兼用できる型/など、様々なタイプの商品があります。

(1)「ヒップシート」のメリット・デメリット

【メリット】

抱っこの上げ下ろしがしやすい。
素手で抱っこするより、断然腕がラク!
収納付きのヒップシートあるので、お財布など、ちょっとした荷物を入れられる

【デメリット】

座面がしっかりしているので、コンパクトになりにくい商品も多い
子供が寝ちゃった時などは、抱っこ紐より支えるのが大変
子供を乗せていない時、恥ずかしく感じる時がある(見た目的に)

キコ
よく歩きたがるけど、すぐ抱っこ〜になる子や、抱っこ紐が窮屈になって嫌がる子には、ピッタリだと思います!

(2)おすすめ「ヒップシート」6選

お子さんの状況、収納のしやすさ、デザイン、使用できる月齢もチェックして、選んでくださいね!

【ウエストポーチ型❶】Angelcare ヒップシート

【Angelcare(エンジェルケア)】ヒップシート

⬆︎シンプルで使いやすい!オーガニックコットン100%の生地使用なので、安心です。

対象月齢 3ヵ月〜36ヵ月

【ウエストポーチ型❷】TeLasbaby たためるヒップシート (DaG1)

⬆︎コンパクトに収納できるので、持ち運びの多い方にはコレ!スマホや小銭が収納できるファスナー付ポケットもついています。

対象月齢 対面抱っこ/前向き抱っこ 腰がすわる頃から〜24ヵ月
腰抱っこ 腰がすわる頃〜36ヵ月

【ウエストポーチ型❸】buddy buddy ヒップシート(POLBAN)

⬆︎選べるカラーが豊富!赤ちゃんの靴が入ってしまうくらいの大きさの収納もついています。オプションで、ショルダーベルトを付けることもできます。

対象月齢 対面抱っこ/前向き抱っこ 腰がすわる頃から〜24ヵ月
腰抱っこ 腰がすわる頃〜36ヵ月

【ウエストポーチ型❹】ベビーアムール ウエストキャリー

⬆︎シンプルな形で軽い!そしてリーズナブル!

対象月齢 3ヵ月〜36ヵ月

【ウエストポーチ型+肩ひも付】コペルタ ヒップシート

⬆︎腰だけに負担がかかるのがツライ方にピッタリです。ショルダーベルトがあることで、肩に負担を分散できます。お値段もリーズナブル!

対象月齢 新生児〜36ヵ月

【抱っこ紐兼用型】ケラッタ ヒップシート 抱っこ紐

⬆︎ヒップシートとしての機能以外にも、対面抱っこ、前向き抱っこ、おんぶができる抱っこ紐としても使えます。

対象月齢 3ヵ月〜36ヵ月

2. ヒップシート代わりにもなる「抱っこ紐カバー」

「抱っこ紐はまだまだ必需品だけど、子供が歩きたがる頻度が増えてきた…」
「ヒップシートで出かけて、寝ちゃった時が結構しんどい…」
「一時的なので、あまりグッズを増やしたくないんだよな…」

そんな方に便利なのが、「抱っこ紐カバー」です。

お手持ちの抱っこ紐をクルクルとまるめて、抱っこ紐カバーで留めておき、その部分に子供を乗せる形で抱っこすれば、素手抱っこより断然ラク…!

キコ
もちろん「ヒップシート」の座面よりは心もとないですが…
私は、息子の抱っこ紐卒業までの間、抱っこ紐カバーのフル活用で、頻繁な抱っこの上げおろし期間を乗り切りました!!
カメサン
とはいえ抱っこ紐カバーは、あくまでダラーっとなりがちな抱っこ紐をまとめるためのグッズです。
ヒップシートの代用として使うのは、個人の責任ですのでご注意を〜!

(1)「抱っこ紐カバー」のメリット・デメリット

【メリット】

これまで使っていた抱っこ紐も活かせる。
一時的な使用なので、あまりグッズを増やしたくないという方にオススメ。
抱っこ紐もまだ使うけど、ヒップシートも試したい…という方にピッタリ!
腰に巻くことで、子供の体重をそこにかけられるので、腕が断然ラク。

【デメリット】

座面がしっかりしている訳ではないので、ヒップシートに比べると体の負担は大きいかも?!

キコ
 息子は抱っこの多い子供だったので、抱っこ紐も2歳くらいまでは必需品。
ベビーカーも嫌がることが多かったので、ヒップシート代わりにもなった抱っこ紐カバーが、とっても重宝しました!!

(2)おすすめ「抱っこ紐カバー」

キコ
ほとんどのメーカーの抱っこ紐に対応していますが、念のため、お手持ちのだっこ抱っこ紐に対応しているか確認してくださいね〜

⬆︎小銭などが入れておけるファスナー付のポケットがついています。ちょっとしたウエストポーチ感覚で使えます!

⬆︎抱っこ紐収納カバーの専門店の商品です。柄もサイズもとっても豊富なので、必ずお手持ちの抱っこ紐に合う、好きなデザインのカバーが見つかるはずです!

【まとめ】便利アイテムを活用して、抱っこのツラさを軽減しましょう!

キコ
「体が痛くなると、抱っこが辛くなり…
お出かけもしんどくなり…
精神的にもキツイ…
なんて状況にもなりがちですよね。

今は「ヒップシート」や「抱っこ紐カバー」、ありがたいことに色々な商品があります!

それぞれの生活スタイルや、お子さまに合った便利アイテムを、うま〜く取り入れて、そんなに長く続かないはずの、抱っこ〜抱っこ〜の甘えん坊期間、なるべくたくさん抱っこしてあげましょう!