よく泣く赤ちゃん。1歳、2歳になったら、どうなった? 

泣いている子供




産後、一番悩んだこと。

それは、ムスコが「よく泣く」ということ。

周りと比べてしまっては、「何がいけないんだろう」と悩んだり、色々調べたり。

当時の記事はコチラ>>>く泣く赤ちゃん。いつまで続くの?

 

でも「よく泣く赤ちゃん」と言えど、「泣き」の要求はその子によりけり。

一人一人性格も違えば、家庭環境も違うから、
「こうやって対処しましょう!」とか「これが効きます!」なんて解決法は、ないのかもしれませんね💦

 

お子さまが「よく泣く赤ちゃん」の場合、

「いったい、いつまで続くの?」

「1歳、2歳になったら、どうなるんだろう?」

「もう何をしてあげたらイイのか、全然分からない!!」

と、お悩みではないですか?

 

この記事は、ドデカイ泣き声の「よく泣く赤ちゃん」だった我がムスコ、その後の記録です‼

「そうそう!」と共感していただけたり、
「ウチだけじゃなかったのね〜」と少しでも安心していただけたりすれば、とても嬉しいです☺

 

1. ムスコの「よく泣く赤ちゃん」時代を振り返る

我がムスコ、産後2日目から、まぁホントによく泣いていました😂
(産後1日目は、ずっと寝ていて、まさに2日目からドッカーンと泣き出した

病院の母子同室で始まった育児。

夜間、まだまだ母乳も安定せず、授乳方法も分からず、あたふたしている間に、
「ど、どうしたの?大丈夫?」と、助産師さんがのぞきにくるくらい、病院中に泣き声が響き渡っていたもよう。

私は「赤ちゃんは泣くもの」と思っていたので、ムスコが「よく泣く赤ちゃん」とは、この時はまだ思っていませんでした。

 

が、里帰りしていた実家から自宅に戻り、少しずつ地域の育児サロンなどに通うようになってきた頃、ようやく気付いたのです!

「すんごい泣くんだけどうちの子!」

 

周りの赤ちゃんと比べては、「やっぱり泣きすぎかも」と、思い悩む日々。

“ベビーカーでスヤスヤ”とか、お布団でコロコロ”っていう記憶は、ほとんどありません。

とにかくずーーーーっと抱っこ!!

 

家に遊びに来てくれた友達にも

「こんなに泣く赤ちゃん初めてだわ~」とか、

「た、たいへんだねと言われ、全然お話できず。。

 

↓ こんな生活を送っていました😂 ↓

「よく泣く赤ちゃん」あるある

外出時は、毎回緊張…!

ベビーカーで寝ている間に、カフェでお茶、とか信じられない!うらやましい~

親子イベント(ベビーヨガなど)を、結局全部受けられたことがない

栄養満点料理とか、作る時間が全然とれない

なんでウチの子だけ、こんなに泣くの?とっても不安!!

今思えば、ムスコの性格 + 初育児の私の不安

MIXされて、ムスコの泣きにつながっていたのかなぁとも思うけど…

う〜ん、どうなんだろうなぁ〜

今なら、少しぐらい泣かせておくっていう方法もとれたかな🤔

一度当時にタイムスリップして過ごしてみたいですが、やっぱり変わらない気もしてます…💦

 

2. 少し落ち着いてきた、生後67ヶ月頃

「ちょっとは落ち着いたかな?!」と感じることができたのが、ムスコが生後67ヶ月の頃。

果たして、本当に泣きが「落ち着いた」のか、

私が泣きに「慣れてきた」のか、

全く定かではありませんが、とにかく産後直後とは何かが違うと感じたのが、この頃です🧐

 

とはいえ、やっぱり泣く回数は多めな我がムスコ。

そして気付いたことが一つ。

「よく泣く」に加えて、「泣き声が大きい!」ってこと‼

 

同じ月齢の周りの子の泣き声聞いて思いました。

「カ、カワイイ…!!」

 

文字で表現するならば、

他の子の泣き声
「フェーーーン、フェーン!」

ムスコの泣き声
「ギャーーーーーー!!フンギャーーーー!!」

 

外で泣けば、必ずみんなの視線が集中。

だからこそ、ムスコの「泣き」に、私もとても敏感になっていたのだと思います。

 

3.【1歳代】慎重だからこそ、泣くことが多い?!

ムスコの成長につれて、個性や性格が顕著に出る機会が、少しずつ増えてきました。

そこで、また一つ気付きました。

「我がムスコ、恐怖心や不安が大きいのかも!」

 

もっと早く気付けよ!って感じなんですが…😱

新しいこと(もしかしたら、この世に産まれてきたこと自体にも?!)への不安が大きく、ちょっとした不快感にも、全力で泣いて、伝えようとしているように思えてきました。

 

男の子は「何事にも好奇心旺盛で、新しいものには興味津々!」という、勝手なイメージがあったのですが…

これは、まさに私の先入観!!

新しい場所に行ったりしても、ジーーっと周りを観察して、安心できるまで動きません😳

 

「よく泣く赤ちゃん」だったムスコの性格

とても慎重

 公園などでも突っ走らないので、怪我はめったにしない

 物事の理解が早い

 自分の興味や好奇心より、周囲の状況確認の方が優先されがち

 強制されるのがイヤ!自分のペースで動きたい

 一時預かりなど、親以外の人と過ごすのが苦手

(若干、私の小さい頃の性格に似ている……😭)

 

私のイメージ通りの赤ちゃんではない、ムスコの性格に気付いたこの頃、
「子供が何を求めているのか」
ようやく、少しずつ考えられるようになっていきました。

そして「安心させること」を意識することにしました☘

 

それに加えて、もう一つ気付いたことは、

私が周囲の視線をすごく気にしているということ。

子供の「泣き」に対して、

「苦情を言われたらどうしよう…」とか

「しつけがなってないと思われたらどうしよう…」

自分に対する評価を気にするがゆえに、余計に子供の「泣き」を気にする親になっていました😖

 

ムスコ1歳代は、育児にも少し慣れてきた頃ではありましたが、

「よく泣く」という悩みを経て、ムスコの慎重な性格を知ったり…

自分の周囲の目を気にする性格を再確認させられたり…

まさに「育児」と「育自」な1年でした☘

 

4.【2歳代】「安心してね〜」で落ち着かせる!

“マイペースで慎重派”のムスコの性格が分かってきた1歳代を経て、
「イヤイヤ期」と言われる2歳代へ突入〜!!

ドキドキ…コワイヨ…コレイジョウニナルノカ…🤪

 

が、「イヤイヤ期が始まったぞぉー!」と感じたことは、今のところないんです

というか、産後、ずっとイヤイヤしてる気がする…😂

 

まぁ、それはさておき…

言葉も出てきて「楽しい」「嬉しい」など
自分の感情も表現できるようになってきておりますが、
今も「イヤ」な時の、表現パワーがすごい!!

そして、全然ごまかせなーーーい😂

 

どこかで泣きスイッチが入ると、かんしゃくを起こして泣き始め、
だんだん、自分でもなんで泣いているのか分からなくなり、
「どうしたの?」と言うと

「わかんなーい、わかんなーい!!」

と言って、さらに泣きわめきます。

 

外でこれが勃発すると、私にも緊張が走り、焦り、肩がこわばり…💦💦

 

「ダメなものは、泣いたってダメ!」という方針でいたいのですが、
外だと周りの目も気になってしまって、必死のなだめに入ってしまう私がいます…😫

 

そんな風に、まだまだ自分の育児に悩む日々ですが…

まずは私が心身ともに日々健康でいることを第一優先に考えて、

感情表現をもっと言葉でもできるようになるまでは、以下のように行動することにしています。

ムスコのかんしゃくに疲れないための対策

 行動範囲は、ごくごく近所

 外で泣きのスイッチが入りそうになっても、焦らない。安心させる。
それでもって、必死でなだめる!!

 「今日も感情豊かに表現してるワー」と思うようにしている

 「きっときっと成長したら、いつかは落ち着く」と自分に言いきかせている

どちらかと言うと、イライラしたり、疲れきったりしないための、私対策です‼

 

最近のムスコにとって「安心」は、とても重要なようで、

「あ、これ、泣く…!爆発する…!」と感じたらすぐに

「イヤだったね〜」とか「悔しいね〜」と共感しつつ、

「大丈夫だよ〜安心してね~!!!」とぎゅーっと抱きしめると、

落ち着くことが多くなってきた気もします。

 

【まとめ】“どうにかしよう”と思わないことにした!

「いったい、いつになったら、おさまるの??」

と、出産後から毎日思い悩んでいたムスコの「泣き」問題😱

 

ムスコが成長し、出産直後の「ずっと泣いてる気がする…」ことはなくなりました。

が、負の感情を、泣いて表現するパワーの強さに、今だに翻弄されています💦

 

ムスコの赤ちゃん時代は「どうしてなんだろう…?」とか「対処法は?」と考えていましたが、

今は、あまりどうにかしようと思わないようにしています。

 

“泣く=悪いことではない!!
泣きのパワーに、私が疲れてしまう事実はあるので、
それに対処する方法は考えておく”

というスタンスでいた方が、だいぶラクなんです〜💪🏼

 

子供が感情をコントロールできるようになるのは、まだまだ先のこと…

大人である自分が感情をコントロールできるよう、
時にはちゃんと自分を甘やかして、癒してあげて、
子供の「泣き」や負の感情を
今後もしっかり受け止めてあげられるようにしたいと思っています☘










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください